2010
07.15

私はさほど風呂好き・温泉好きではありませんが、温泉開発を行う会社の社長として、温泉に詳しくなければ説得力がありません。そこで、仕事や私用で出かけた先で温泉を巡り、少しずつ記事にしていくことにしました。

22箇所目は、島根県江津市の有福温泉「竹と茶香の宿 旅館樋口」です。訪問日は、2010年7月10日です。今回、家族(妻と長男の計3名)で一泊しました。

協和地建コンサルタントは、有福温泉の御前湯(公衆浴場)の泉源メンテナンス等の仕事をさせて頂いていることもあり、一度、有福温泉の宿にも宿泊したいと思っていました。有福温泉にはいくつか旅館がありますが、旅館樋口は、じゃらんや楽天トラベルなど、様々な旅行サイトや雑誌などでも紹介されている有名旅館です。私もぜひ一度泊まってみたいと思っていましたが、この度、念願かなって宿泊することができました。

結論から言えば、すばらしい旅館でした。家族ともども満足して帰ることができました。書くべきことはたくさんありますが、“温泉めぐり”のブログですので、まずは温泉のことからコメントします。

この旅館は、なんといっても露天風呂付き客室があることが特徴の一つです。今回、もちろん、露天風呂付きの客室に宿泊しました。

予想どおりですが、部屋付きの露天風呂、とても良かったです。

部屋から出て、外に自分たちだけの風呂があるという贅沢。そして、旅館そのものが高台に位置するので、露天風呂からの眺めは、空とやや遠目にみる温泉街の家並みがバランスよく目に入ってきて、とても優雅な気分に浸れます。当日は、夕方から雨だったのですが、雨の中で入る露天風呂もこれまた風情がありました。

泊まった部屋の露天風呂

有福温泉の泉質は、アルカリ性単純泉で、無色・透明の入りやすい温泉です。美肌の湯としても知られ、さっぱりとした湯あがり感が特徴です。

そして、知っておきたいのは、有福温泉はボーリング掘削により湧出した温泉ではなく、1300年といわれる昔から、岩肌にお湯が湧き出ていたという歴史ある温泉地です。今でも、温泉地内数か所の岩肌から湧き出るお湯が使われています。この“泉源”の数と“湯量”は限られており、非常に貴重なものとなっています。旅館樋口のお湯も、この貴重な泉源の一つから採取されたものです。

実際に岩肌から湧出している温泉水を使って、部屋付き露天風呂に入る。温泉の贅沢を極める方法の一つではないでしょうか。

部屋付きの風呂だけでなく、大浴場も備わっています。内湯は狭めで3~4人でいっぱいでしょう。露天風呂も付いていてそちらは5~6人入れます。ここには、竹筒に入った日本酒がサービスで置いてあり、一杯楽しみながら露天を楽しめるという気配りもありました。なお、私はあいにく朝大浴場に行ったのでお酒は頂けませんでした。残念です。

食事は夕食、朝食とも非常に満足できるものでした。接客も大変丁寧でしたが、それだけでなく、従業員の方、一人一人の人柄の良さが感じられたのが素晴らしかったです。

夕食・朝食とも、いわゆる部屋食で頂いたのですが、厨房から結構距離があろうかと思う離れた部屋だったのにも関わらず、焼き立て・揚げたての食事をしかもタイミングよく出していく手際の良さに感心しました。とにかく美味しかったです。完食でした。もっと書ければいいのですが、グルメレポートは苦手なので、このぐらいで。

夕食の様子(右上はこども用)

有福温泉は、山あいの鄙びた温泉地なのですが、この旅館樋口の若旦那をはじめ、若手の旅館経営者の方々が温泉街の活性化に向けて色々な取り組みをされています。昨年から民間と行政が一緒になって様々な環境整備が進められています。

その第一弾として、2010年4月から、“有福cafe”がオープンしています。有福の源泉を使った竹炭焙煎コーヒーなど、こだわりのお店になっています。旅館樋口の裏口からすぐに行ける場所にあり、帰る前に立ち寄ってみました。鄙びた温泉地の中にあるおしゃれな空間は、ある意味ミスマッチなのですが、すぐ近くにある大正レトロの御前湯(公衆浴場)の雰囲気を際立たせてくれるようにも感じます。

新しくできた”有福cafe”の店内

さらには、新しいお風呂(外湯や家族湯)も整備が進んでいます。これは、有福温泉の旅館経営者の方々で構成される運営会社が民間資金で整備されているものです。これに、行政が景観整備や道路整備などで協力していくという体制が整っており、今後の活性化に向けて大いに期待が高まるところです。有福温泉にお世話になっている協和地建コンサルタントとしても、当社の得意分野で引き続いてお手伝いできればと考えているところです。

さて、旅館樋口の素晴らしさ、十分伝わったかどうかわかりません。ですが、私は泊まってみて本当によかったと思っています。

この旅館、結構イイ値段がします。が、それだけの価値はありました。利用してみようと思われる方は、出来るだけ高いプランで高い部屋に泊まった方がいいと思います。ここは、品がよく質の高い客室、部屋付き露天風呂、島根の高級食材、きめ細かなサービス・アメニティ、もてなしの心、そういった高付加価値を提供するところです。高い対価を支払っても期待を上回る満足を得たい、そういった人が訪れる宿だと思います。

Comments are closed.