2010
10.29

協和地建コンサルタントは、2010年4月13日に、ハートフルしまね(島根県公共土木施設愛護ボランティア支援制度)の愛護団体に認定されました。

これを受け、第1回(2010年4月23日(金))、第2回(5月28日(金))に活動を実施し、そして今回、10月29日(金)に第3回目の活動を行いました。当社が担当する施設は、島根県の管理する国道432号のうち、松江市八雲町日吉の約700mの区間です。

春先に実施した、第1回、第2回の作業では、ごみ拾いよりも、草取りがメインの作業となっていました。今回もそのつもりでしたが、実は既に草取り作業が実施済でした。というのは、この国道432号をはじめ県管理の道路は、道路の維持管理業務が建設会社などに委託されており、その委託業者さんも定期的に草取りをされます。たまたま、当社の活動の少し前に除草作業が実施されたようで、夏場に結構生い茂っていた草は、ある程度取り除かれていました。そのため、今回は、この道路清掃活動の本来的な作業であるごみ拾いと、一部の草取りを実施することにしました。

除草作業の様子

一応除草作業済ではありましたが、それでも、歩道上に草が残っているところもありました。わざとなのか、取り忘れたのか分かりませんが、いずれにしても我々の草取り仕事も少し残してもらっていたので、その部分を集中的に草取りしました。 第1回、第2回は、4月、5月だったので、草の勢いも結構なものでしたが、秋口にもなると、さすがにやや弱った感じになっていました。今の時期に取っておけば、冬に向けてはあまり草も生えず、歩道の景観も比較的良好に保たれるのではないかと思います。

今回除草した草(意外にたくさんあった)

ところで、第2回目の活動の際に、雑草は根から根絶しないと解決にならないと考え、市販の除草剤を準備し、刈り取った後、根に直接薬を投与して様子を見ました。

結論から言うと、まったく効き目がありませんでした。

5月の作業後、夏場にかけて様子を見たところ、除草剤を投与した直後は若干弱った感じの草もありましたが、根元から草が生え始め夏場にはかなり成長してしまっていました。しかも、県の事務所にそのことを報告したところ、「除草剤はあまり使ってほしくない」との回答がありました。前述のとおり、県道の沿いや歩道の草刈り(特に植樹があるところ)は、毎年県の予算で業者に業務が委託されています。その際も、除草剤は使わないように指示しているとのことです。道路外に流出して影響があった場合のことを心配されるのではないかと思います。我々はボランティアなので大目にみてもらえるようでしたが、後でトラブルになってもいけないので、今回は使うのを止めました。

いずれにしても、少々除草剤をかけたくらいでは根絶できないことが分かったので、後はこまめに刈り取るか、それ以外の方法を考えるしかありません。今回は根っこを深いところまで掘って出来るだけ除去することにしました。多くの草は、歩道の舗装と縁石のブロックの間の隙間に根を生やしています。そこを草取り鎌などで掘り返すのですが、あまり強くやっていると歩道のアスファルトがはがれてきて、歩道が傷んでしまいます。悩ましいところです。今回、アスファルトが剥がれないようにできるだけ掘ってみて、様子を見ることにしました。

歩道と縁石の間の草の根をほじくった後

これまで3回、歩道の草取りを実施してきました。たかが草取りですが、その草が生えすぎると歩道が傷むことにつながります。まさに植物との戦いですが、歩道の維持管理というのも中々奥が深いものだなと感じています。来月、もう一度道路清掃活動を行う計画としていますので、今回の作業経過も参考に作業を行いたいと考えています。

2010
10.20

私はさほど風呂好き・温泉好きではありませんが、温泉開発を行う会社の社長として、温泉に詳しくなければ説得力がありません。そこで、仕事や私用で出かけた先で温泉を巡り、少しずつ記事にしていくことにしました。今回から、温泉ソムリエらしいコメントにも配慮したいと思います。

25箇所目は、島根県雲南市掛合町の「波多温泉(満壽の湯)」です。訪問日は、2010年10月16日です。久々の温泉巡りとなりました。

満壽の湯 外観

この温泉は、平成8年に温泉が掘削され、当分は温泉スタンドが設置・利用されていたようですが、平成14年に現在の施設が建築され、温泉入浴施設として利用され始めたようです。施設が出来てから10年弱ですので、外観・内装とも新しい印象です。

泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、無色透明です。

硫酸塩泉の泉質別適応症は、動脈硬化症、切り傷、火傷、慢性皮膚病といったものがあり、また、硫酸塩線は美肌効果が期待できる泉質です。さらにこの温泉はphが8.1ですので弱アルカリ性の美肌効果(肌の角質を取る働きが適度に作用する)もあわせて期待できます。

浴室内部(誰もいなかったので撮影)

お風呂の造りをみると、浴室は長方形の大浴槽があるのみ、とてもシンプルです。露天風呂など、その他の風呂はありません。浴槽の前面がガラス張りとなっており、この施設が集落の少し高台にあることもあって、のどかな農村風景を見渡しながら入浴できます。地元にこういった施設があり、自分の住む集落を見渡しながら温泉に浸かることができるとすれば、とても贅沢なことだなと感じました。

風呂の内装については、床は石張り、天井は板張りというオーソドックスな造りです。この建物は木造平屋建てで重厚な瓦葺が目を惹く外形でしたので、風呂の中も梁を見せるなど木材をもっと使って雰囲気を出しているのかと思っていましたが、意外に普通でした。

実際の入浴感ですが、いわゆる美肌効果も適度に感じられ、さっぱりとした風呂上がりです。成分的には比較的薄い方の温泉ですが、溶存物質濃度も適度にあり、弱アルカリ性のphも含めてバランスがいいのではないかと感じます。一方、この温泉は循環式ですので、若干の塩素臭がしました。循環式の場合、ある程度は仕方ありません。その他、気になったのは、排水音が妙に大きいということです。シャワーを使ったり、かけ湯をしたりしてお湯が排水されると、ボコボコという排水音がものすごく大きく響きました。特に、私が入浴した時には他に誰もいなかったので余計に耳に残って気になりました。

洗い場は4箇所で大きめの仕切りが有り、ゆっくり使えそうな造りです。ボディソープとリンスインシャンプーが備え付けてあります。一人あたりのスペースも結構広めだと思います。脱衣場のロッカーは、鍵付きのみ24個ありました。洗面台は3箇所ですが、ドライヤーは2つでした。小さな施設ですが、脱衣場に冷水器が置いてありました。入浴すると発汗によって血液が「ドロドロ血」の状態になりますので、入浴の前と後に一杯の水を飲むのは入浴のポイントです。冷水器って意外に置いてなかったりします。もちろん、水を飲むだけだったら洗面所の水道水で事足りる訳ですが、やっぱり冷水器があるといいです。

和室(お食事処のスペースとしても活用)

“満壽の湯”の施設ですが、お風呂以外にはお食事処と畳敷きの和室が2部屋あり、和室の一部はお食事処としても使われていました。受付の前面にお土産が少し置いてあります。施設自体はとてもコンパクトにできています。

入浴料は大人300円という設定ですが、大浴槽のみのシンプルな施設ですので、島根県内の公共施設としては妥当なところでしょう。なお、毎月26日は「風呂の日」として、大人100円、小人50円で入浴ができるようです。100円はさすがに格安です。そういったサービスも地域密着の施設ならではだと思います。

訪問したのは土曜日の午後でしたが、翌日の日曜日になにかイベントがあるようで、地元の方がテントの設営準備をされていました。コンパクトでもこういった温泉施設があることで、地域の交流、にぎわいの創出に有効利用されている様子が見受けられます。温泉開発を行う者の一人としてうれしく感じました。とはいえ、私が入浴中は最初から最後まで貸し切り状態で、脱衣場に戻ったときにやっと次のお客さんが入ってこられました。ゆっくりできて良かったですが、土曜日の午後でこの状況はいかがなものかという感じもします。たまたまだったとは思いますが、せっかくの施設ですので、もっと賑わって欲しいと思います。

2010
10.14

2010年10月から、島根県中小企業家同友会に入会しました。

中小企業家同友会は全国の都道府県に組織があり、総会員数は4万社にのぼるそうです。「経営者の悩み・課題から出発した中小企業経営者の手づくりの会」という組織で、3つの理念に基づいて活動が行われます。

1 よい会社をつくろう  2 よい経営者になろう  3 よい経営環境をつくろう

毎月開催される「例会」が主要な活動となっており、それ以外にも「経営指針成文化セミナー」など、中小企業の経営課題に対応するための勉強の場を提供する組織です。ちなみに、島根県は全国の同友会の中でも後発(最近出来た)の組織だそうで、現在、組織の拡大・活動の活性化に取り組まれているそうです。

今回、入会してみることにしたのは、次のような理由からです。

1.実践的で分かりやすく、短時間で様々なことを吸収できる仕組みがある

一言で言えば、「極めてまじめな会」です。

毎月開催される「例会」にその特徴が現れていますが、最初に、会員又は外部からの発表者による報告が行われます。報告は、その企業の概要や生い立ちに始まり、企業としての試練やその解決、現状の課題、今後の方向など、極めて具体的な内容です。その後、発表内容を踏まえて、あらかじめ仕分けされたグループ毎にグループ討議を行います。その結果は会の最後に発表され、様々な意見や考え方が共有化されます。

そしてこのグループは、事務局側で指定することから毎回毎回様々なメンバーと席を合わせるように調整されており、続けて参加することで、様々なメンバーの実情・意見・考え方などを聞くことになります。それを通じて親しくなり、日頃から話すきっかけを作れるように工夫されています。

この例会は、入会していない者でも「オブザーバー」という立場で参加費を払えば参加することができます。いわば“お試し”的な仕組みです。私も、9月、10月の2回の例会にお試し参加しましたが、前述のような例会を実際に体験し、話そのものが参考になるだけでなく、グループ討議を通じて各社が抱える様々な問題・課題を垣間見て、自社の状況に照らし合わせて考えてみることができました。そして、後述する懇親会の場での更なる議論のきっかけにもなります。よく考えられている仕組みだと感心します。

9月例会の様子(オブザーバーとしてお試し参加)

2.まじめな会の後の懇親会だから密度が濃い

例会の後には懇親会が開催されます。10月例会で初めて参加してみました。

例会は18:30~21:00ぐらいの予定で開催されますので、当然、懇親会はそれ以降。かなり遅めのスタートとなります。しかし、まじめに聴講・勉強し、意見交換した後の会だから、懇親会の場での話も早いし、講師役の方や仲間内での議論もすぐに盛り上がります。また、皆が様々な経験を有する経営者なので、色々なヒントを聞くこともできます。

一方、同じ課題を持つ者が集まれば、単に愚痴を言い合う場になる可能性もあります。そこは、同友会のメンバーも重々承知のようで、懇親会中も“同友会は傷をなめ合う場では無い”という発言が常に聞こえてきますし、メンバーは基本的に前向きな人ばかりです。単なる飲み会ではなく、例会を発展させ、さらにメンバー間の交流を深める、非常にいい流れが出来ていることが印象的です。

もっとも、酒が進めば皆普通の“おじさん”と化しますが、それまでの経緯を経た上で、色々な面を垣間見ることができるので、飲み会としてもいい流れになっていると感じます。

3.地元島根の企業の話だから刺激になるし、参考になる

なによりも、この会で聞き、話す内容は、東京や大阪など都市部での話では無く、この島根で事業を営む企業家の方々の話だということです。

皆、島根に居て、そこで様々な苦労をして事業を続け、時には失敗し、成功もする。そういった話を聞いた後では、「あれは東京での話だから」、「都会だからできることだ」などと言った言い訳は通用しません。地方であることのせいにせず、みずからの努力で道を切り開いてきたという事実を目の当たりにし、自分が経営者として如何に至らぬか、いかに楽をしているか、といった気づきを得ることができました。

その日話を聞いたからといって、次の日から会社の業績が好転する訳ではありません。しかし、そういった刺激を常に受けながら経営を考えていく場合とそうでない場合では、数年後には大きな差が生まれるのではないかと感じます。私は2回参加しただけですが「島根にもこんなすごい人がいるのか」と毎回感じました。それだけでも収穫だと思います。

以上、2回のお試し参加の割には褒めすぎの感もありますが、こういった機会を活かすも殺すも結局は自分次第です。その自分を奮い立たせてくれる、気づかせてくれる会ではないかという感触があったのは確かです。せっかく入会したので、今後の活動を通じてそのことを確かめるとともに、同友会の3つの理念を実現できるよう、努力してみたいと考えています。

2010
10.07

温泉めぐり(番外編2) 「温泉ソムリエ」の認定を受けました

この度、「温泉ソムリエ」の認定を受けました。

雑誌などで“温泉資格”として紹介されることもあり、結構認知度がありますが、試験がある訳ではありませんので「温泉ソムリエを名乗っていい」という認定を頂けるという性格のものだと理解しています。

元々、新潟県の妙高高原(妙高市)赤倉温泉で生まれたそうで、現在「温泉ソムリエ協会」という組織が運営されています。東京などで半日間開催されるセミナーを受講するか、1泊2日で実際の温泉地にいく受講セミナーがあり、私は東京で開催されるセミナーを受講(2010年10月5日)し、認定を受けました。

温泉ソムリエは、その名のとおり、ワインの「ソムリエ」に「温泉」をくっつけた造語ですが、温泉の専門知識を持ち、正しい入浴法をアドバイスする「温泉入浴アドバイザー」という位置づけとなっています。そのために、温泉の効能(正確には「適応症」)の見方や正しい入浴の仕方、温泉成分分析表の見方などを勉強します。いままでなんとなく理解していたことを分かりやすく知ることができ、中々有意義な勉強をすることができました。

なによりも“温泉を楽しもう”というのが基本的な姿勢で好感が持てます。やっぱり温泉は楽しくなければいけません。講師は「温泉ソムリエ家元」の遠間和広さんという方で、新潟県の妙高高原赤倉温泉で遠間旅館という温泉宿を経営されています。

講師の遠間和広さん(温泉ソムリエ家元)

半日ではありましたが非常に濃い内容でした。特に時間を割いて話して頂いた事項について簡単にまとめておきます。

1.温泉の効能は、「泉質適応症」をみる

温泉と言えば“効能”があることが普通の風呂とは違うところです。ところで、この効能という言葉は正しくは「適応症」と表現しなければならないそうですが、一般に効能という表現も定着してしまっているので、効能という言葉が使われることが多いそうです。

さて、温泉の効能は、温泉の脱衣場等に掲示してある温泉成分分析表に記載があります。「浴用の適応症」という項目で、さらに「一般的適応症」と「泉質適応症」の2つに分かれています。このうち「泉質適応症」が、その温泉の泉質に由来して効果が期待される症状で、まず着目しておくことが必要な項目だという話でした。

一般的適応症とは、神経痛、筋肉痛、関節痛、・・・・といった症状のことですが、これは温熱効果によるもで、温泉でなくとも(家庭の風呂でも)効果が出るものだそうです。なお、温泉によっては、成分分析表で一般的適応症と泉質適応症を分けずに一緒に書いてある場合もありますので、ある程度予備知識がないと分かりにくい場合があります。その意味でも、こういった勉強をしておくことは意義があります。

ちなみに、温泉地でよく目にしたり耳にしたりする“美肌効果”は病気等の療養ではないので、適応症とは認められておらず、“自称”ということになるそうです。

2.泉質もさることながら入浴法が大事

現在、入浴が原因で死亡したと推定される人の数は、年間15,000人に上るそうです。交通事故の死者数は近年では年間5,000人を切るところまで減っていますので、その数の多さが分かります。しかも、冬場の高齢者がその8割を占めるそうです。

温泉はどうしてもその泉質・効能に目が行きがちですが、泉質もさることながら、入浴方法そのものを正しくしないと、十分な入浴効果も得られないし、そればかりか、下手をすれば生命を危険にさらすことにもなりかねないということです。当たり前だけど、非常に大事な観点だと思います。

そこで、温泉ソムリエでは、温泉の入浴法についても様々な知識と実践が提案されています。入浴前後に1杯ずつの水を飲む、入浴前に心臓の遠くから順に十分な掛け湯をする、「入浴5か条」が定めてられており、これは、温泉が家庭の風呂に比べて成分が濃い(だから体をお湯に慣らすことが大事)ことや、一般に大きな浴槽があって様々な入浴方法が可能なことなどを踏まえたもので、基本的ではあるけれども大変参考になるものです。今後、ぜひ実践してみたいと思っています。

3.温泉に、絶対的に悪いものも良いものもない

講師の遠間さんがセミナー最後におっしゃった言葉です。その時々の体調にあわせて最も適した温泉を活用すればいいという話です。最近では、温泉の“かけ流し”が非常に注目されており、“かけ流しでなければ温泉でない”といった風潮があるのが実際のところです。また、成分的に濃い温泉が良い温泉というイメージもあると思います。

しかし、遠間さんによれば「天下の名湯は湯あたりしやすい」のも確かだそうで、濃い温泉に急に長く入ると湯あたりしてしまい、かえって体調を崩すこともある。皮膚の弱い方の場合は湯ただれをおこす可能性もあるということです。

一方、成分的に所定の含有量を満たさない温泉を「単純温泉」と言いますが、実際成分的には“薄い”ので、効能が低いかのような印象もあります。しかし、成分が無いわけではないので、入浴すれば効果はでる。しかも、薄くてやさしいがゆえに最初から何回も入ることができて、なおかつ湯あたりもしにくいという使いやすさがある、という話です。

そう考えると、温泉はその特性をよく判断し、自分の体調や体質を踏まえて入浴することが重要で、そのための基本的な知識として、温泉ソムリエで勉強することは非常に要点をとらえていると感心します。

認定証授与で講師と記念撮影

最後に、温泉の効能を本格的に得ようと思う場合、本来は2~3週間の連続湯治をしなければならないそうです。しかし、現代社会においてそんなに長期に温泉宿に泊まったりすることは中々難しいですし、日帰り温泉施設であっても大変です。それに代わる手段として、週に1回の入浴を3~6カ月続けることで連続湯治と同じような効果を得ることができるそうです。時間は少しかかりますが、このような「温泉習慣」を付けることを最後に提案され、セミナー終了となりました。

日帰り温泉施設が充実した島根県では決して不可能ではない習慣だと思いますので、私も何とかチャレンジしてみたいと思います。また、今後の温泉めぐりのブログでは温泉ソムリエの名に恥じないよう気を付けて、また楽しみながら書き記したいと考えています。

2010
10.01

地域貢献活動 松江市道路愛護団事業(草刈り)+八雲温泉で懇親会

協和地建コンサルタントでは、2010年9月24日(金)、松江市道路愛護団推進事業として、道路環境の保全活動(草刈り)を実施しました。

松江市道路愛護団事業は、地域住民や市内企業が結成する「道路愛護団」が、道路の除草や側溝の清掃などのボランティア活動を実施し、自らの手で生活道路周辺の環境を良くしていこうとするものです。当社も昨年度から登録しており、今年度第2回目、通算で4回目です。

今回も、松江市八雲町内に設置している倉庫沿いの道路を対象に草刈りを行いました。前回は6月後半に実施し、かなりの丈に草が伸びていましたが、今回はさほどでもありませんでした。私を含めて職員もかなり手慣れてきて、スムーズに準備、作業ができました。とはいえ、草刈り機を使いますので安全第一、最初のミーティングだけはしっかりやっています。

社長の草刈り(真ん中)

当日は曇りで、作業直前に雨模様となりました。一時かなり強く降りましたのであわや中止かと思いましたが、一しきり降った後は天候が持ち直し、なんとか作業が出来ました。しかし、前回の作業でも雨に見舞われました。これが山陰の天気だと言われればそうですが、外での作業のときには気をもみます。

今回の作業、草があまり伸びていなかったこともあり、草刈り作業自体は比較的短時間で終了しました。その後、ごみ拾いを行いましたが、草むらからは空き缶を中心にかなりのゴミが出てきました。正直、草を刈る前は分からないのですが、草刈り機で刈っていると、次々とあき缶・ペットボトルなどのゴミが見えてきます。

作業区間起点部付近

山間部の交通量の少ない路線ですので、ポイ捨てには好適地です。さらに草があってその陰に投げ込めば心もあまり痛まないことでしょう。そう考えると、交通量が少ない道路でも沿道を綺麗にしておけば、ごみのポイ捨てを少しは抑制できるでしょうし、いざ回収しようとするときの作業も楽になります。

さて、前回は清掃活動の後、会社に戻ってバーベーキューを実施しました。今回は、同じ八雲町内にある八雲温泉熊野館で懇親会を開催しました。八雲温泉は協和地建コンサルタントが開発した温泉で、熊野館は、入浴、宿泊、宴会、食事等ができる施設です。お世話になっている施設ですので、毎年夏場にビアホールに行っています。今年は少し遅くなりましたが、9月より中途採用で新たに入社した方があり、その歓迎会も兼ねて開催したところです。

近年、社内懇親会などの機会は減ってきています。しかし、ボランティア活動など何かの活動をきっかけに打ち上げを兼ねて開催するという試みは今後も継続していきたいと考えています。費用は限られますが、何かの時には役職員のみなさんの労をねぎらえたらと思いますし、小さな会社ですので一丸となって仕事に取り組めるような環境づくりに少しでも役立てばと考えています。